Adsense

2014年11月29日土曜日

ヌーヴォーを飲むと、もう冬はすぐそこに

年に1度のことだから、ボジョレー・ヌーヴォーは飲まなければ。
少し遅れましたけど、1週間前の週末土曜日、近所の酒屋に行ってみました。
 
「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー クール・ド・レザン 2014 ドメーヌ・ジェローム・ラコンダミン」
長い名前。
まぁ美味しけりゃ何でもいいんですけど、レジで店主っぽい人は「これは旨いですよ」と一押しする一品でした。
 
エッジの色には若々しさがありながらも、ヌーヴォーにしてはかなり濃いめ。
味も同様、葡萄のフレッシュさを感じる一方で、ワインとしての複雑さも併せ持っています。
 
口に含んでからフィニッシュまでに旨味が増していき、ほのかな酸味が残るのは素晴らしい味わい。
 
ちょっと強すぎるツマミかなと思いつつ、半生のビーフジャーキーも同時購入。
予想通り、スモークの風味が目立ちますけど、半生なので意外に落ち着いた味です。
 
重めの白だともっと合うかな。
とはいえ、ヌーヴォーにも決して悪くはないと思います。
 
ヌーヴォーを飲むと、もうあっという間に冬。
今年ももうすぐ終わりですねぇ。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿