Adsense

2014年11月24日月曜日

トロッとジューシー、「本家あべや」の親子丼

神楽坂のスタンプラリーを巡っていて、途中で昼飯時に。
 
さて、どこで食べようか。
 
事前に何軒かピックアップしてはおいたんですけど、裏道は複雑でお店を発見できない可能性あり。
この辺りだろうと見当をつけたところでパッと看板を見つけることができたお店、「本家あべや 神楽坂店」に入ることにしました。

11:50頃にお店に、席は8割埋まっているというのはさすが人気店。
オーダーしてから出てくるまでに15分ほどかかりましたけど、その間に店外に列ができていました。

このお店で何を食べるか。
悩むまでもなく、このお店の名物、親子丼に決まっているんです。
 
このトロッとした外見、ネットで見た時に一度食べてみたい魅力を感じたんですよね。
 
さぁて、早速一口。
うん、美味い!
 
ふんわりジューシーな卵。
噛み応えのある比内地鳥からはシッカリと旨味、そして焼いた表面の香ばしさ。
ほんのり甘めの汁と卵のジュルッと加減が絶妙で、ガンガンと食べ進めてしまいます。
 
しつこさも全く感じず、なるほどこれが人気の親子丼なのか。
 
おっと、他にもおかずがありました。
 
豆腐には岩塩がかかっているんですけど、うっかり表面だけ食べるとショッパい。
親子丼に気をとられず、端から均等に食べるよう気をつけましょう。
 
そして「秋田いぶりがっこ」という名のお新香も独特の風味。
スモークしてある大根のお新香、という感じですかね。
 
そしてこれもまた素晴らしいのが鶏ガラスープなんですよ。
鶏の出汁がバッチリ出ていて、薄味ながらもコクを感じます。
きっとコラーゲンもタップリなんでしょう。
 
サイズを選べるのもいいところで、今回は並盛り1,030円をチョイス。
味付けがしつこくないので、大盛りにしても十分いけてしまうでしょうね。
 
あ〜美味しかった。
いつかまた行きたいと思わせる「究極親子丼」、看板に偽り無しでした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿