Adsense

2014年11月21日金曜日

東照宮の原点、久能山へ

静岡旅行、最後に向かった先は久能山東照宮。
 
3連休最終日なので、渋滞にハマったら悲惨なことになるだろう。
その前に渋滞ポイントを通過するには、午前中いっぱいしか観光はできない状況。
だったら焼津グランドホテルの近くが無難だろうとここをチョイスです。
 
久能山って、イチゴで有名ですよね。
海沿いの道には数多くのビニールハウスがありました。
 
久能山に渡るロープウェイの駅、日本平からその海の方を臨むと、金色と蒼との織り交ざる美しい世界。
天気がいい日は気分がいいですね。
 
あ、ロープウェイが来た。
日本平から久能山まではわずか5分程度、空中の旅も楽しいもの…
高所恐怖症の私には、ちょっと怖かったというのが正直なところです。
 
久能山に到着、下から楼門を見上げたところ。
石段の一つ一つがしっかりしていて、ここに脛をぶつけたらかなり痛いでしょう。
 
楼門の先にも階段、そして鳥居。
青空が綺麗ですね。
 
神庫への階段、苔むして風情があります。
 
そして神廟に入ると、そこには豪華絢爛な色彩。
 
間近で見ても、凝った造りになっているのがおわかり頂けるかなと。
上野東照宮のように金ピカでは無いですけど、多種の色彩を使った重みのある豪華さです。

その裏には、徳川家康のお墓。
家康の命でここに埋葬したんでしたよね。
 
裏に回ると、ひっそりと愛馬の墓。
当時は有名な馬だったのかどうか。
そういえば、徳川家康には馬に乗るイメージがないのは何故なんだろう。
 
規模はそれほど大きくないものの、徳川家康の威光を垣間見ることができる久能山東照宮。
 
じっくり見ても1時間半あれば十分足りるスポットなので、静岡に行ったら立ち寄ってみると良いと思います。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿