Adsense

2014年11月19日水曜日

三保の松原、観光するなら朝一がベストです

静岡3日目の朝は真っ暗なうちに早起き。
 
焼津グランドホテルから車で40分程の三保の松原へ行って、日の出を見ようという企画です。
世界遺産登録で昼間は激混みと聞いているので、駐車場渋滞に巻き込まれないというのも重要ですしね。
 
5:15にホテルを出て、現地に着いたのは日の出直前のちょうどいい時刻。
駐車場も海岸も空いているし、正に狙い通りの展開です。
 
暗い松原を抜けて、海岸に出ると…
 
お~、富士山もくっきりと見えるじゃないですか。
上空には雲がかかっていますけど、日の出の方角にも影響なし。
人も疎らで、写真のアングルに困ることもなし。
 
この季節、日の出は伊豆半島の山から。
なので水平線から上がるより若干時間が遅れます。
 
強風での波を見ながら、寒さに耐えながら。
待つこと暫し。
 
おっ、雲が赤く染まってきたぞ。
18mmレンズじゃ表現しきれないですけど、ドラマティックな色合いが上空いっぱいに広がっていきます。
 
富士山も僅かに紅色に染まって、幻想的な雰囲気に。
 
 
日が昇る瞬間は、動画でご覧頂くことにしましょう。
 
日が昇ると、あっという間に空が青くなって、海岸の石や漂着物が朝日に染まります。
 
寒いので車に帰ろう。
松林に向かうと、そこには自分長い影。
足が長くなったみたいで気分がいいですね。
 
松林に着いて、海を振り返ると金色に輝く海。
朝ならではの様々な変化を見ることができました。
 
神の道、だったかな。
昼間は人で溢れ返るんでしょうけどね。
 
こんなクリアに撮れるのは、朝だけじゃないかと思います。
 
 
いや~、綺麗だった。
感動的なのはわずか10分程ですけど、それでも観に行く価値は十分。
三保の松原の日の出、いろいろな意味でお勧めです。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿