Adsense

2014年11月16日日曜日

新鮮な八丈島の魚介をイタリアンで

ここ最近、静岡について書き綴っている最中ですけど、会社近くで素晴らしいお店に行ってきたので忘れぬうちにご紹介です。
 
お店の名前は「ラ・スコリエーラ」。
魚介類のみ、肉は置いていないという拘り振りのイタリア料理のお店。
 
この拘りは、お店のオーナーが八丈島で漁船を所有、そこからの仕入れをメインにしているためです。
八丈島…記憶されている方はまずいないでしょうけど、半年ちょっと前に行った銀座の「ゆうき丸」、このお店とオーナーは一緒。
 
いい魚は和でも洋でも美味、ということですよね。

順番を無視して、とにかくこれが美味しかった金目鯛のアクアパッツァから。
 
このお店のスタイルだと、まずは下にある前菜小皿を注文して、パスタ、メインの魚料理にという流れ。
今回は40cm以上のどデカい金目鯛があるとのことで、これをアクアパッツァにして、パスタを合わせて出汁の染みたスープをお楽しみ、というのが後半2品のお店のお勧めでした。
 
素直にそれに従ってみたんですけど、これは非常に美味。
金目の身は脂が乗って言うまでもなくいい味だし、パスタは若干塩を強めにして変化を出した仕上がりに。
 
これを食べるためだけにでも、もう一度行きたい。
そう思わせる味でした。
 
戻って、最初にオーダーしたのは前菜5種。
5~10種、1人前1,800~3,300円(300円+300円/種)×人数という仕組みで、写真は4人分なので7,200円です。
 
真ん中はハガツオのカルパッチョ、手前左はイワシのマリネ、同じく右は白イカとナスの和物。
奥左はイイダコのマリネ、右はアン肝です。
 
いずれもワインにぴったり合う味ばかり。
特にイワシとイイダコの味が濃くて美味でしたねぇ。
 
パンも複数種類、いずれも微妙に塩味があって、ワインを意識した味になっています。
テーブルチャージ、900円/人は、これと水という建付けになっているんだっけかな。
 
最後はチーズの盛り合わせで締めましたけど、このチーズもそれぞれ個性があってなかなかの味ばかり。
 
結局、ワインは3人でボトル1本(=1人2杯)、その後にグラスで3杯3種類。
1本分までは飲まずに止めたものの、料理が美味しいとワインも進んでしまうものです。
グラスワインの種類が多いのもこのお店のいいところの一つでしょうね。
 
 
オーナーやマダムにもご挨拶できたし、これはなかなか素晴らしいお店を発見。
これからも機会があれば利用させて頂くことにします。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿