Adsense

2014年11月12日水曜日

浜名湖グランドホテルさざなみ館のおもてなし

昨日は夕食について書いた浜名湖グランドホテルさざなみ館、今日は部屋の様子や翌朝の朝食についてです。

部屋に案内されると、まずはと抹茶を出してくれました。
ここまでの旅の疲れを少しでも癒してください、という配慮なんでしょう。
ちょっと嬉しい気配りですよね。
 
12.5畳の和室に縁側、かなりゆったりとしたスペース。
清潔感もあって居心地のいい空間です。
 
和室と玄関の間のスペースには流し台。
 
洗面台も別にあるのに、旅館でこの設備は珍しいですよね。
部屋飲み酒やツマミの準備には便利でした。
 
ロビーについては…
お世辞にも趣味が良いとは言い難いんじゃないですかねぇ。
 
広々としているし、椅子の座り心地もいいんですけどね。
部屋のイメージとの乖離があまりにも激しいので、もう少し工夫の余地はあるんじゃないかなと。
 
窓からの風景、目の前は浜名湖です。
 
あれ、浜名湖ってこんなに狭いのと疑問を感じる方もいるでしょうけど、このホテルは浜名湖の入り江、しかも端っこなんです。
眺望で人を呼べるホテルじゃぁないですね。
 
 
以下、なかなか美味だった朝食のご紹介です。
ご覧の通り、このホテルの朝はバリバリの和食。
しかもご飯が進むようなものですよね。
 
家では洋食だし量も少ないので、これを食べ切るのはそれなりに難儀なことなんですけど、味が濃すぎずそのままでもいけるものばかり。
茶碗一杯のご飯でも全く問題なしでした。
 
特に生シラスが美味かったのは、さすが静岡だからでしょうね。
ところで生シラスの旬って… そうか、秋にもあるんですね。
道理で美味しい訳だ。
 
和食ばかりじゃ飽きるだろうという配慮でしょう。
蒸したてのシュウマイもこれまたいいアクセントです。
 
味噌汁も量はタップリ。
でも味付けがちょうどいいのでこれも全て飲み切りです。
 
ロビーだけが課題ですけど、部屋も綺麗で食事も美味。
お、そうそう、書き忘れてましたけど温泉も広々で気分よかったです。
 
決して安い宿ではないですけど、たまにはこの程度の贅沢はあってもいいんじゃないか。
そう納得できる宿でした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿