Adsense

2014年10月17日金曜日

お祭りは、人々の表情を活き活きさせる

前の記事では、総引きをはじめとする祭り全体の流れを説明しましたけど、参加している人の表情の明るさもまた祭りの楽しみですね。
 
普段は撮らない人物写真、活き活きとした表情に釣られて撮った写真を何枚かご紹介です。
法被と鉢巻が似合う子供たち。
待つ後ろ姿も凛々しいものですね。
 
このお嬢ちゃん、集合に遅れたんでしょう。
お母さんが必死の表情で運んでますけど、本人は人形のように直立不動でした。
 
屋台で太鼓を叩く子供たち。
キリッとした顔つき、練習の成果を十二分に発揮するための緊張感でしょう。
 
個人情報保護法で問題になると面倒なので、色絵鉛筆画風に加工。
本当はキリッとしたいい表情しているんですよ。
 
これは福の神…でしたっけ。
小槌に扇子というのはいかにも目出度い、目出度い。
 
お、この少年、すげ~。
高さ3mほどのところで片足踊りって…
絶対に真似できないぞ。
 
太鼓を叩く若者たち、横顔にも真剣さを感じますね。
これからの日本を支える世代、頑張れよ~。
 
こちらは親子三代ぐらいの歳の差でしょうね。
子供の頃から毎年、こんな共同作業があるなんていうのは羨ましいなと。
 
楽しそうな表情で踊る女の子。
顔がアップ過ぎるので目隠しだけはしておきますけど、本当の素晴らしい表情を載せられないのは残念です。
 
高校生、もしくはもう少し上ぐらいのお嬢さん。
いろいろ難しい年齢じゃないかなと思いますが、お祭りの時は別なんでしょうね。
 
いや~、皆いい表情をしています。
 
人間らしさに溢れるイベント、地元でもあって欲しいなと思いますね。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿