Adsense

2014年10月5日日曜日

海自基地内のカレーのお味は

何の変哲もないカツカレー。
でも、我々一般人がこのカツカレーを食べるのは困難なんです。
 
何せ普段は入ることができない自衛隊の基地。
 
記念式典が11:00ちょっと過ぎに終了して、昼食にはちょっと早いけど、よし、せっかくだから基地内の食堂で食べていこう。
ここで食事できるなんて、年に1回か2回のチャンスですからね。
 
下総航空基地内に食堂は2つありましたけど、パッと見て、席がまだ空いていそうだった「大角食堂」に。こういう時は悩まず、即断即決が重要ですね。
 
ここはどうやっても外れが無いカレー、ちょっと贅沢にカツカレーを選択。
それでも530円なのでかなり安いんです。
 
レジで食券を購入して厨房に。半券を渡して残りの半券を手持ち、番号を呼ばれたら取りに行くという旧来型のシステム。
 
店内も昭和の雰囲気バリバリで、非常に懐かしいですね。

な〜んて写真を撮る余裕があるのは、なかなか呼ばれないから。
普段では考えられない量のお客さんなんでしょう。

カツカレーとシンプルな料理にも関わら20分近く待ちました。
 
ビールサーバーの横には「勝手につぐな‼︎」の文字。
酔ってくると自由に注ぎたくなるのは、極めてお行儀のいい自衛官も一緒のようです。

よ〜し。ようやく出てきた、カツカレー。
さて、お味はどうでしょう。海自といえばカレー、基地内だとどれだけ美味いのか。

期待を込めた一口目でしたけど…

…うん、極めて普通。

よくある家庭のカレーの味、スパイスが効いている訳でもなく、デッカい肉が入っている訳でもなく。
煮込まれた普通に美味しいカレーでした。

そうか、カレーが美味いのは艦内の話か。
自衛隊なんでもう少し量があるかとも思ったんですけど、まぁごく普通の量。
海自は上品なんでしょうけど、一般人にはこれぐらいの量で充分ですね。

カレーを食べ終えた後、新鎌ヶ谷までの無料シャトルバスに。

かなりの人が並んでいたものの、20分ちょっとの待ちで乗れたのでまぁ問題なし。
無料なので、少々待とうが文句は言えないですよね。
 
家に着く直前、耳慣れたプロペラ音が聞こえてきたので空を見上げると、何とP-3Cの姿。

抽選に当たった人の体験飛行ですけど、何と家のすぐそばを飛ぶんだったとは。
いや〜、知らなかった。
 
P-3Cの音はこれで覚えたので、次回からはすぐに気がつくでしょう。
下総航空基地の記念式典、それほど混まず手軽に行けるので、来年もまた行ってみようか。
近いって、楽でいいですね。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿