Adsense

2014年10月2日木曜日

新宿三丁目、ガラッガラの店内に一抹の不安

新宿三丁目、「ワイン厨房 晩酌邸」での飲み。
この日は仕事の話が3割ほどある飲みだったので、選んでくれたお店は「それほど騒がしくないところ」、という基準。
 
ところがどっこい、「それほど騒がしくない」どころか、お客さんは我々1組のみ。
落ち着いて話せたのでまぁ良かったんですけど、これでやっていけるのか、ちょっと心配になってしまいますね。
 
エレベーター無し、階段のみの4階にある。
給料日当日の木曜という2つの条件がマイナス作用しているのか…
 
いずれにせよこの状況、誰でも不味いことを想像してしまいますよね。
 
さて料理の一品目、ヤリイカ、オクラ、セロリのキムチ和え。
 
これは美味でしたよ〜
一緒に行った方も絶賛、いきなりですけどお勧めメニュー。
 
真鯛のカルパッチョ。
ごく普通に美味しい真鯛。
780円だったかな、値段を考えると全く問題なし。
 
カプレーゼは、スモモと…あれ、チーズは何だっけ。
モッツァレラじゃないことは確かなんですけど、じゃぁ何だったか忘れた…
 
トマトではなくスモモなので、甘味が強くて派手な味。
刺激的で珍しくて、これも結構いけてました。
 
キノコとイカのアヒージョ。
油が少ないんですよ、これ。
 
キノコの風味が活きるとも言えるし、臭みが出るとも言えるし。
好みが分かれる味でしょうね。
 
ソーセージ盛り合わせは、結構なボリューム。
味もそれぞれ個性があって楽しめます。
 
最後は、…あれ、何だっけこれ。
ここに至るまでにビールの後に白ワインを2人で空けて、赤ワインをデキャンタで飲んで少々酔っていたようです。
肉の味は正直あんまり覚えていないけど、ジャガイモのホクホク感は記憶に残ってます。
 
あ、そうだ。
前後しましたけど、これがお通し。
クリームチーズでさっぱり、ビールによく合うツマミ。
 
 
全般的に、グラスワインも充実しているし、料理も平均レベル以上。
お客さんが来なかったのは、たまたま偶然なんでしょうね。
 
手軽に利用できそうなお店だと思います。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿