Adsense

2014年10月10日金曜日

迫り来る台風のなか、木更津航空祭に

ようやく前週末日曜日、木更津航空祭について書く順番に。
再び3連休の週末なので、少しペースを上げて記事をアップしていかないとです。
 
 
さて、この日は土浦駐屯地開設記念行事、館山ヘリコプターフェスティバルと重なったんですけど、今年は空自の基地祭に行けず。
なので代わりに海自・陸自の航空機イベントにという趣向です。
 
台風が接近中だったので、木更津なら家から一番近いので楽かなとも思ったんですよね。
 
早起きして、館山道を一っ走り。
どんどん雨が強くなってきて、ヤバイな、これ。
中止になったりしないかな。
 
市原SAでネットで確認。
体験搭乗や地上滑走試乗のみは取り止めとのことで、これはきっと空いていてラッキーじゃないかな。
そんな期待をしながら向かいました。
 
駐車場に着いたのは8:00頃。
予想通り、ガラッガラですね。
 
車を降りて、喜び勇んで入り口に向かう途中。
水たまりに取り囲まれて、早くも靴・靴下はビショビショ。
まぁ着替えも持ってきたし、今日は濡れるのは覚悟してますから。
 
入場開始の8:30まで、このスポーツ厚生センターのみに入場できます。
売店があるので、先にここでいろいろ買えるんですね。
これはなかなか親切です。
 
 
開場後、ボディチェックの列に並ぶと、「海上門から入った方、車で来られた方は既にチェック済みですので並ばなくて結構です。」
 
何だよ〜、だったら曲がり角で案内してよ〜
と、周囲からは不満の声タラタラ。
全くその通りだけど、彼らもイベント慣れしている訳じゃないのでまぁ仕方ない。
 
 
滑走路に行くと、うわ〜、何だ、この雨と風は。
すぐに格納庫に逃げ込むと、お、地上車輌の展示だ。
 
まずは軽装甲軌道車。これはマリンフェスタ in FUNABASHIにも来たやつですね。
96式装輪装甲車は…初かな。
天井が低そうですねぇ。
 
遠隔操縦観測システムか。
日本にもこんなのあったんですね。
米軍のグローバルホークとはかなり異なりますけど、操縦するのは楽しそう。
 
NBC偵察車は、核・化学兵器、生物兵器への対処用の偵察車。
2010年から配備され始めた新鋭の車輌です。
 
おっ、誰だ、お前は。
 
ネットで調べてみたら、「きさポン」というそうです。
木更津の「きさ」、狸の「ポン」という単純な名前… 市のゆるキャラなのか。
 
OH-6Dは記念撮影用の展示に。
子供が迷彩服・ヘルメット姿で乗ることができるようでした。
下総航空基地ではあんまり人気のない機種でしたけど、こういう使い方には向いていますね。

思い切って外に出て、滑走路上のT-400へ。
 
周囲には見物の人は誰も居ないぞ…
それだけ雨が激しいということですけど、格納庫と管制塔、CH-47を背景に基地っぽく1枚。
写真を撮る余裕はたっぷりですけど、それにしても雨は止まずどんどん酷くなってくるなぁ。
 
 
では、今回はこの辺にして、続きはまた別記事で。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿