Adsense

2014年9月30日火曜日

三囲神社、謎がスッキリ解けたぞ

隅田川七福神巡り、いよいよラストの三囲神社に到着です。
 
ここが最も南、つまり都心に近い方にあるんです。
 
普通はここからスタートして、私が来たのとは逆コースを歩くんでしょう。
今回は向島百花園に開園直後に入るのがメイン、朝早くで逆向きだと、昼食を食べるところの選択肢が増えるというメリットもあるんですよね。
 
七福神の最後と言っても、過去の記事では5つの神社仏閣等しか巡っていないのでは?
そんな疑問を感じてくれた方は、このブログを熟読して頂いているので大感謝。
 
そう、この三囲神社には大黒天と恵比寿が祀られているんです。
1カ所に二神って、他にもにもあるパターンなんだろうか。
 
これ、三角石鳥居というらしい。
三井邸より移設したものですけど、オリジナルは京都太秦の木島神社にあるんだとか。
 
オリジナルは潜れるほど大きいんでしょうか。
だったら実際に見てみたいですね。
 
よくある連装鳥居の構図。
ここのは数が少ないので、写真としてはイマイチか。
 
むむっ、何故神社にライオン像があるんだろう?
三越池袋店にあったもの…
三越といえば越後屋。
越後屋といえば三井家。
 
あっ、さっきの三角石鳥居も三井邸。
ここは三井家の物置か。
 
んっ! 三囲って、三井の井の字に国構え。
そうか!三井家の家神という位置付けなんだ。
 
 
な〜んて、その場で鋭く洞察したように書いてますけどね。
実際には、風変わりな鳥居に意味不明のライオン…何だろうなぁぐらいにしか思っていなかったんです。
 
後でネットで調べて全てが繋がって、妙にスッキリ。
楽しく生きていくため、洞察力も磨かないとです。
 
 
ここまで来ると、スカイツリーも普通に撮っちゃ面白くない。
よし、水色の装飾品をつけてあげよう!
 
…何となく迷惑そうに見えるのは気のせいですかねぇ。
 
 
この記事はまぁこんなところで。
次の記事、この日の昼食を食べた「上総屋」についてです。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿