Adsense

2014年9月19日金曜日

美味なシュークリームの幸福な甘さ

前の記事と同じく、「いちかわ産フェスタ」で買ってみたシュークリーム。 行徳にある「パティスリー・ボンヌ・ヴィサージュ」というお店のものだそうですけど、わざわざ出店するということは美味しいに違いない。
食べてみると、皮が少々塩っぽい。 その塩っぽさがクリームの甘味を引き出してくれていて、皮との対比がまた面白いんです。
なになに、何か書いてあるけど… 2008年千葉ウォーカー特集 スイーツ大賞シュークリーム部門か。 なるほどねぇ。 確かにインパクトのある味。 アーモンドの香ばしさもあって、皮に相当自信を持っているっぽい。 買いたて、クリームを詰めたてだと香ばしさが際立つようで、できればすぐに食べた方がいいらしい。 今回は家の冷蔵庫で半日冷やしてから食べたんですけど、次回は買ってすぐに食べてみようかなと。
と言っても、1つ220円は少々高い。 それだけ原材料費もかかっているんでしょう。 普段使いというよりも、どこかに持っていくお土産用ですかね。 これはこれで覚えておく価値はありそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿