Adsense

2014年9月19日金曜日

辛くない大辛ラーメン、なのに不思議と咳き込む

溜まった記事を昨日までにアップし終えて、ようやく3連休について書く番が回ってきました。
 
 
3連休の初日、千葉県立現代産業科学館の「いちかわ産フェスタ」に。
家から歩いて15分程度、こんなに近くでイベントがあるんなら、こりゃ行くっきゃないですよね。
 
お目当てはこれ。
ラーメン祭りをやっていて、「Hot!梨辛麺」というのがあったんです。
 
前日の地元紙で発見したこのイベント、地元の梨を使った辛いラーメンがあるんなら行ってみようと思ったんですよね。
 
ラーメンはそれぞれ限定250食。
4種類あるので全部で1000食、そんなに売れる訳がないだろうと思いつつ、万が一売り切れたら嫌だなと10:30頃に到着。
 
この日は6:00過ぎに起きたんですけど、お昼前に辛いラーメンというのは実はそんなに楽じゃない。
でもまぁ食べるには今っきゃない。
 
店頭に並んで、小辛、中辛、大辛から選べるのか。
 
念のため、オーダーを取りに来たお姉さんに「どの程度辛いんですか」と尋ねると、
「私は辛いのに弱いんんで、全部辛くてよくわからないんですよね」
 
全く参考にならない情報をありがとう。
だったら大辛にしてみるよ。
 
長年生きている分、少々のことじゃビビらなくなっているのに賭けてみました。
 
まずはスープを啜ると…
なぁんだ、そんなに辛く無いじゃん。
 
麺は中太、スープの辛さがそれほど絡まず、麺を食べているだけだったら全く問題なし。
最後の方になると、辛いであろうツブツブが麺に付着、喉を通る度に咳が出るんですよね。
 
ただ咳がでるだけで、辛さはそれほどでも無いことに変わりはないんですけど…
舌が麻痺しているのかなぁ。
 
あれっ、ところで梨はどこに入っているんだろう。
辛さでわからなくなっているのか、そもそも梨なんて入っていないのか。
 
まぁいいか。
美味しくホットな雰囲気を味わえたので良しとしましょう。
楽しい3連休、汗タップリのスタートでした。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿