Adsense

2014年9月12日金曜日

ゆったりと寛げる養老渓谷「ごりやくの湯」

興津から養老渓谷までは車で30分弱。
 
外房の海の景色から一転した森の中を進んだところ、いきなりポツンと「滝見苑ごりやくの湯」があります。
昨年勝浦に行った時にも存在には気づいていたんですけど、寄るのは今回が初めてです。

到着したのはお昼時、その割に空いているのは、入浴料が1050円と少々高いせいでしょうね。
 
お腹が空いたので、まずは食事から。
施設内の「旬味処 大多喜」からは養老川が見えて、何ともいえない寛げる雰囲気です。
 
建物内は木がふんだんに使われていて、極めて居心地のいい空間。
 
オーダーしたのは冷やしごりやくそば、900円。
揚げ物は餅、染み込んだそば汁と大根おろしとの組み合わせがなかなかの美味。
肝心の蕎麦はごく普通でしたけど、さやえんどうとかいわれ大根のさっぱり感、疲れた身体に優しいです。
 
ガッツリと行きたい人向けには大海老天丼も。
これもごく普通に美味です。
 
さて、いよいよお風呂に。
木造りの渡り廊下をドンドンと歩いて行った先にあります。
 
当たり前ですけど、ここから先は写真なし。
「滝見苑ごりやくの湯」のHPで御覧ください。
 
露天風呂は広くて、開放感たっぷりでいい雰囲気。
内風呂は狭いものの、木造家屋のぬくもりや高い天井がいい気分。
外には養老渓谷の緑が広がって、視覚的にも疲れが癒やされるんです。
 
1050円は決して安くはないと思いますけどね。
空いていることもあわせれば、それ相応の価値はあるんじゃないかと思います。
 
特に紅葉の季節なんて、こんな風呂にのんびり浸かるのはいいんじゃないでしょうか。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿