Adsense

2014年8月5日火曜日

モッチモチの美味しさ、花畑牧場の「カチョカヴァロ」

秋葉原の地方名産品店、「日本百貨店」で買った花畑牧場のカチョカヴァロ。
 
暫く冷蔵庫に入れっぱだったんですけど、賞味期限数日前に気付いたのはラッキーでした。
 
ところで、カチョカヴァロって一体何じゃ。
 
産地は南イタリア、「カチョ」はチーズ、「カヴァロ」は馬だそうで、熟成させる時の外見が馬の鞍に似ていたのでこの名前になったらしい。
モツァレラチーズを熟成させたようなものということです。
 
そのままでも食べられますけど、まずはパッケージの説明通り、テフロン加工のフライパン、油をひかず表面をカリッと焼くことに。
すぐに溶けてしまい型崩れしているのは愛嬌として、表面は一応焦げてくれました。
 
そのお味はというと、焦げの香ばしさ、中はモチモチ。
噛み切ろうとするとブヨーンと伸びて食べるのに一苦労ですけど、確かにこりゃ美味い。
ちょっと塩が強めな印象ですけど、酒のツマミにはこの方がいいでしょうね。
 
翌日はもう一つのパッケージお勧め、グラタンに。
 
見た目じゃどこにカチョカヴァロがあるんだかって感じですけど、焦げているところがそうなんだろうなと。
食べると塩っぱさと、ブヨーンっと伸びる様子でわかるんですよね。
 
 
グラタンの方が味が複雑になるものの、シンプルにチーズの美味さがわかるのはやっぱりフライパン焼き。
これをワインに合わせて飲むなんて、最高でしょうね。
 
よし、いつかマリーナでやろうっと。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿