Adsense

2014年8月18日月曜日

夢の島熱帯植物館の風変わりな展示

夢の島熱帯植物館、今回は夜間開館に行きましたけど、今後のため、昼間に行っても面白そう、という感想もまとめておきます。
温室の入り口すぐにあるのは風鈴仏桑花。
 
シワシワになっているのは夜だからなのか、それとも盛りを過ぎたのか。
いずれにせよ、この花が鮮やかに咲く姿を見てみたいものです。
 
これはシンピジュームですかね。
品のある白と紫の花が何とも美しい。
 
これはオンシジウムでしょう。
世闇の黄色、色がなかなか綺麗には出にくい。
 
あ、ラフレシア、ポケモンに出てましたよね。
といってもこれは模型で、巨大なガチャガチャの入れ物みたいなのに入っていました。
 
館内には家庭用のような小型水槽もあって、こいつはペステルチョウザメというんだそうです。
最大は2m程度になるそうで、成長したら一体どうするんだろう。
 
大き過ぎて、あんまり可愛く無いウーパールーパー。
最大30cmになるとのこと、そうなったら悪霊並みの怖さでしょうね。
 
グリーンイグアナはほとんど動かず。
カメラを意識している訳ではないでしょうけど、被写体としては超優秀です。
 
食中植物も何種類か。
ハエトリソウに、お煎餅とかを入れたらどうなるんでしょう。
う〜ん、気になるな。
 
グロッパ、というのがこの花(?)の名前。
線香花火みたいな形状の面白い形。
 
そして最後、月見草のドアップ。
案内の方に、「見ているうちにどんどん開いていきますよ」と言われたんですけどね。
眠ってしまいそうなので温室を1周してきたら、見事にここまで咲いていました。
 
これを見れるのは夜間開館ならではですけど、冒頭に書いたように、昼間でも写真撮るにはなかなかいいところじゃないかなと。
 
またいずれ、天候の良くない日にでも、じっくりと見てみたいと思います。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿