Adsense

2014年6月24日火曜日

富士通フロンティアーズ、こんなに惜しい負け方ってあるのか

世間はワールドカップ一色。

そんななか、昨日は社会人アメフト、パールボウルの決勝戦でした。
結果が新聞にすら載っていなかったのは寂しい限りですけど、決勝戦らしい激闘、面白かったんですよ。

富士通フロンティアーズ vs. オービックシーガルズでの決勝は昨年12月のジャパンXボウルと同じ顔合わせ。
この時はフロンティアーズが負けているので、今度こそのリベンジマッチです。

フロンティアーズはアメリカ人のクォーターバックを補強、去年よりも期待できるとのこと。
その言の通り、前半は14対9、順調に折り返しです。
 
ハーフタイムショー、まずはXリーグのチアリーダーが大集合。
総勢120人だったか、決勝戦に出られないチームの人達も駆り出されます。
 
そして乃木坂46の登場。
名前は知っていたけど、見るのは初めてじゃないかなと。
 
東京ドームの空気を支配する程の存在感は無かったのは、若いのと人数が多いのとで仕方ないでしょう。
前回の中川翔子の方が迫力ありましたね。
 
さぁて、後半の開始。
頑張れよ、フロンティアーズ!
 
あ、チーバくんがナンパしてるぞ。
オービックの応援しなきゃダメでしょ。
 
ほらほら、だから28対22。
残り10秒で試合終了、フロンティアーズの勝利!
 
…と思った瞬間、時計は残り0秒という最後の最後のプレーでオービックがタッチダウン。
えっ、こりゃトライ・フォー・ポイントで負けかよ。
…と思ったら、見事に外してくれました。
 
28対28で延長に突入です。
 
アメフトの延長はタイブレイクといって、敵陣25ヤードから交互に攻撃、先攻・後攻のセットが終わった段階で得点の多い方が勝ち。
ソフトボールの延長みたいな感じですね。
 
最初のセットでは、お互いにフィールドゴールで3点ずつ。
 
そして2セット目、先攻のフロンティアーズはフィールドゴール。
そしてオービックが…うわっ、タッチダウン。
くそ〜、負けたか〜
 
 
ここまで引っ張られての負け、結構精神的ダメージがデカい。
にわかファンの私ですらそうなので、富士通の人達は相当辛いでしょうね。
 
まぁ終わったことは仕方ない。
次を目指して、また頑張れよ、フロンティアーズ!
 

0 件のコメント:

コメントを投稿