Adsense

2014年5月8日木曜日

「つつじ祭り」、平和な名前の陸上自衛隊イベントに

ヤバい。
ゴールデンウイーク中に撮った写真を整理していたら、14記事分程あることわかりました。
 
毎日1つずつだと2週間、これはペースを上げていかないとですけど、日に2つ書くのはそれなりに大変なんですよね…
まぁできる限り頑張ります。
 
さて、とりあえずは4月29日の下志津駐屯地つつじ祭りから。
 
つつじ祭りと聞くと花を楽しむ印象ですけど、実際は駐屯地の開設記念式典。
観閲行進や戦闘訓練展示もある本格的なものです。
 
下志津と言っても一体そりゃどこ?という方が大半でしょう。
千葉の北東、都賀と四街道の間で、駅からバスで10分弱のところです。
 
ここに陸自の対空部隊と高射学校があって、つつじ祭りでは近代的な対空装備品を見ることができるんです。
 
でた! ゆるキャラ。
今回はチーバくんですね。
これがフナッシーだったら、周囲には近付けない程の人集りになるんでしょう。
 
このイベントには初めてだったので勝手がわからず。
とりあえず9時15分ぐらいに到着しましたけど、仮設の観覧スタンドはほぼ満席でした。
空いている狭いスペースに何とか座れましたけど、早めに行くのが無難なようです。
 
事前案内がなくタイムテーブルもわからずでしたけど、式典の開始は10時半。
時間に余裕があるので、駐屯地内を散策です。
 
入り口近くに広報資料館というのがあって、その前には退役した武器が展示されています。
資料館の中には入らずでしたけど、じっくり見れば時間潰しにはなりそうです。
 
あ、つつじ祭りというぐらいなので、当然ながらそこここに躑躅の花が咲いています。
街中にも多数あるので、敢えてここでゆっくり見ようとは思わないんですけどね。
 
記念式典・観閲行進を待つ車輌と自衛官の皆さん。

このエリアは立ち入り禁止かと思いきや、カメラを持った人がバンバン入っていきます。
腕章巻いている訳でも無いし、誰でも入っていいのかな…
スパイかテロリストと間違われて、鍛えている自衛官多数に取り囲まれたら一溜まりも無いよな…

そんな心配をしながら入ってみましたけど、誰にも何も言われず。
 
装備品をこんなに間近で見ることができるとは。
記念式典までの時間潰しには最高です。

解説パネルが無いので、目の前のものが何だか、どれだけ凄いんだかはよくわからず。
形状でレーダー装置ってことだけはわかりますけどね。
 
陸自にも女性がいるとは聞いていましたけど、この方は隊長。
きっと強いんでしょうね。
 
車輌の隙間を歩いて行っても問題なし。
マニアにはたまらないでしょうね。


さて、次の記事では記念式典・観閲行進について書いて、以下プログラムに沿ってアップしていく予定です。
ミリタリーものに興味の無い方には申し訳ありませんけど、暫しお付き合い頂ければと思います。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿