Adsense

2014年5月6日火曜日

スーパーのツマミ、悪い意味といい意味の期待外れ

いい話と悪い話があるけど、まずはどっちから?
 
映画なんかでアメリカ人がこんなこと言いますよね。
私だったらどっちからだろう。明るく前向きに終わりたいので、きっと悪い方からにするでしょう。
なので、まずは悪い方の期待外れから。
 
この蟹、900gもあって680円って安いと思いませんか。
えっ?タラバガニがそんなに安いの?っと思った方によく見て頂きたいのは商品名。

これはアブラガニ、見た目ではタラバと区別がつかないので偽装で売られていたこともあるんだとか。
このスーパーはそんな姑息なことはしていなかったんですけど、見た目が似ているから同じようなものだろうと期待していました。

でも食べてみると… 大味なんです。
身は固くて味が薄くて…
一昔前のカニカマみたいな感じ。

おまけに脚の付け根は味が無い、というか名前の通り油みたいな風味があるんです。
脚の先は美味しいんですけど、これはタラバとは全くの別物でした。

続けて良い方の期待外れ。
カツオのタタキ、冷凍もので250円程度。
 
安いので、あまり美味しくなければドレッシングでもかけてカルパッチョ風にと思って買ったものです。
でも食べてみると… 普通に美味いんです。かえって血生臭さが無いというか、醤油ひたひたにする必要無し。
 
薬味は大葉とガリを刻んだもの。
その程度の香り消しで十分な美味さでした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿