Adsense

2014年5月9日金曜日

陸自高校の生徒達、一糸乱れぬ様式美

下志津駐屯地つつじ祭り、今回はドリル展示について。
 
ドリル展示と聞いても、どんなものなのかイメージもできなかったんですよね。
ドリル=反復練習=訓練。
訓練って、戦闘訓練だって訓練だよな…
 
 
登場してきたのはライフルを持った若者達。
かなり若いなと思ったら、陸上自衛隊高等工科学校の生徒、つまり高校生だそうです。
 
お〜そういえばこの学校、三浦半島の西岸、三浦縦貫道を降りたあたりで見かけたことあるぞ。
 
 
隊列行進の入場も秩序があって美しい。
いったいこの若者達は何をするんだろう。
 
 
答えはこの動画をご覧頂ければと。
2分弱ありますけど、最初の30秒で雰囲気は掴んで頂けると思います。
 
要はチーム全体で統制をとりつつライフルをバトンのように操る技。
これがドリル展示の正体でした。
 
 
ついでに動画をもう一つ。
 
「展示の最後に空砲を発射、大きな音が出ます。」といった事前アナウンスがあったんですけどね。
知ってはいても、その瞬間には思わず「おぉ〜」と声を出してしまいます。
動画のラスト15秒をご覧頂ければおわかり頂けるでしょう。
 
 
演技終了は敬礼で締め。
 
これ、かなり恰好いいですね。
ブルーインパルスほどの派手さは無いにせよ、古の華々しき西洋式陸軍の伝統を感じます。
 
一糸乱れぬというのはちょっと大げさなものの、この展示を見るために陸自イベントに行こう。
そんな気にしてくれる良さでした。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿