Adsense

2014年5月1日木曜日

那珂湊で豪華海鮮丼、空腹のあまりじっくり味わう間もなく

今日の記事はひたち海浜公園の続き、昼食お食べに行った那珂湊おさかな市場についてです。
ひたち海浜公園を出て那珂湊に真っ直ぐ向かわなかったのは、少しでも時間を遅らせればお店が空いてくるんじゃないかなという期待。 本来はお昼前に行くのがベストですけど、なんやかんやで想定よりも2時間弱遅れてしまったんです。 で、寄ったのが磯崎の海岸。 ここは白亜紀の地層が海面に露出しているそうですけど… どうってことない普通の岩ですね。 アンモナイトの化石が採れたりするらしいので、満腹だったら探してみようという気になるかもしれません。
那珂湊に到着すると、ここも激混み… おさかな市場の駐車場に入るだけでも1時間はかかりそうな様相だったので、釣り人が多い漁港の駐車場に止めました。 車が混んでいるということは、おさかな市場も激混み。 お昼のピークが過ぎたであろう14時でもこの有様、12時過ぎはどれだけ凄かったんだろうか。
奥に行けば行くほど人の数が減ってきて、行列が短かった「小舟」に。 こうなると選り好みする余地は無いし、おさかな市場の店なら美味しいことに変わりはないでしょう。
でと。 いや〜、とにかく待たされましたよ。 席に案内されるまでの20分はまぁ仕方ないとして、オーダーして30分経過しても料理は出てこず。 お腹が空いてイライラするのもみっともないので、ここは「じっと我慢の子であった」(古い)。 それほど規模の大きな店では無いので、一度飽和するとリカバーするのも容易では無いんでしょう。
並び始めてから1時間、ようやくありつけた「よかっぺちらし」。 ネタは新鮮、2000円を超える海鮮ちらしなので刺身はこんもり。 とにかくお腹が空いていたので、むしゃむしゃパクパク。 じっくり味わう余裕もなく、10分もかからず完食です。 美味しかったのは間違いないんですけど、これだけの空腹だと何を食べようが不味い訳がない。 ここでもまた30分以上のタイムロス。 次、那珂湊すぐ近くにある水戸藩時代の建造物については、また明日の記事で書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿