Adsense

2014年4月22日火曜日

伊東のお土産、一味違う「魚吉」の干物

伊東ネタの2つめ、お土産の干物について。 伊東に行っても、今までは駅前で冷凍の干物を買って、なるべく早い電車で帰るのみでした。 でもよく考えてみれば、伊豆に来るなんて何年かに1回。 せっかくの機会なのに勿体無いと、今回は伊東市内を少し巡ってみることにしました。 研修施設から伊東駅に戻ってきて、まず向かった先は「魚吉ひもの店」。
店舗は海沿いの135号沿い、テレビでも紹介されている有名店なので普段は人集りなんだとか。 この日誰もいなかったのは、天気が優れない土曜日の15時過ぎという好(?)条件だったからでしょう。 ここは「いかのくち」、普通なら捨てる部位を美味しく加工した珍味が名物とのこと。 でもこれは親へのお土産としておいて、自分用として買ったのは干物でした。
今朝干したというカマスとアジ、一夜干しならぬ一昼干しですね。 干物といえば定番はアジやサバですけど、カマスは干物にするのが一番。 水っぽさが抜けて、身の旨味が凝縮されるんです。
一夜干しなので塩も甘め。 焼きと干物の中間といった感じで、表面はカリっとしながらも中の身には柔らかさが残っています。 身のそこかしこに旨味たっぷり。 冷凍の干物とは一味も二味も違います。 よし、いいお店を見つけたぞ。 伊豆に行ったらここに寄るようにしようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿