Adsense

2014年4月21日月曜日

さすが一流企業の施設、食事の味も一流

一昨日までの1泊2日の研修、内容が充実して参考になる話だらけ。 普段使わない頭を使ったので、今朝になってもまだ疲れが抜け切らないんですけどね。 研修の内容について書くわけにはいかないので、もう一つ感心した食事について記事にしておきます。 行ったのはとある企業の施設、数多くの企業が利用してきた歴史ある場所です。 私自身は5回目、前回から3年ほど期間が空いているんですけど、サービスや食事は相変わらず一流でした。
まずは着いた直後の昼食。 ブリの黄身焼き、鳥の照り焼き、茶碗蒸しその他と昼食にしてはボリュームたっぷり。 頭を使うので、カロリーをちゃんと取りなさいということでしょう。 そして夕食はコース料理。
ズワイガニのマリネ、野菜のテリーヌ。 健康的でさっぱりした味わい、疲れにを癒す一品です。
コンソメスープも一流どころの味。 ほっと一息つける優しさ。
魚料理はオマール海老とメバル。 食べた時は伊勢海老かと思ったんですけど、メニューを見たらオマール海老とのこと。 デカい海老=伊勢海老という判断は単純過ぎでした。 オレンジの風味が効いたソース、魚の風味を活かした美味。
肉はフィレ。 柔らか過ぎず固過ぎず、程よい焼き加減でこれもまたいい味です。
デザートも本格的。 食事の量が程よいので、最後まで美味しく食べることができます。 う〜ん、これだけの料理を60人以上分作って配膳するってかなり高度な技ですね。
翌日のお昼は名物のカレー。 牛肉にしっかりと味も形もあって、ルーもよく仕上がった美味なカレーでした。 一企業の施設でこんな立派な料理を出せるところって、今時の日本にそうそうあるものじゃないですよね。 一流の文化と歴史、改めて感心する2日間でもありました。

0 件のコメント:

コメントを投稿