Adsense

2014年4月19日土曜日

横浜ベイサイドマリーナ、ゴージャスなボートが多数

今日は伊豆に来ての研修2日目。 普段とは全く違う雰囲気のなかで、普段とは全く違う講話を聴くっていいものです。 もう少し噛み砕くと、今の仕事のヒントになるような気がしています。 さて、今日はボートショーの記事最終回。 横浜ベイサイドマリーナの様子についてです。
昨年に引き続き、今年も第2会場は横浜ベイサイドマリーナ。
ここはボートを浮かべてのフローティング展示。 試乗はできないものの、浮いていると雰囲気が出るのがいいところです。
今年は売る側も本気なのか、予約していないと中を案内もしてもらえないボートも幾つかありました。 確実に買いそうなターゲットに絞り込んで売り込みたいんでしょうね。
おっ、美味そうなシャンパン。 何千万円もする高級ボートにはこういうのがよく似合いますね。
CABOのツナタワー、きっとこれだけでもボート1隻を買える値段なんでしょう。
相対するとお手頃なボート、やはり人気があります。 このぐらいのサイズなら一人でも乗りこなせますけど、デカいのはクルーも必要なので動かすだけでも一難儀です。

一通りみて、さて帰ろうか。 アウトレットに寄っても特に必要なものも無いよな、なんて思いながらシャトルバスを見ると珍しく空いています。 そうだ、これに乗って第1会場のパシフィコ横浜へ行って、あの近辺で遅めのランチを食べて帰ろう。 それで寄ったのが、以前記事に書いたみらい横丁のティーヌンでした。
桜木町近くで見かけた桜のオブジェ。 ボートショーは桜の季節直前、いよいよシーズン、っていういい時期に開催されるんですよね。 よし、また来年も行こう。

0 件のコメント:

コメントを投稿