Adsense

2014年4月17日木曜日

今年はボートショーにもオリンピック効果

え〜と、今日は4月17日。 ボートショーに行ったのは3月9日なのでもう1ヶ月以上経ってしまいました。 新規性や話題性は全く無くなりましたけど、せっかく下書きがあるので3日にわたってアップしていきます。
今年のボートショー、新たな取り組みは第2会場の横浜ベイサイドマリーナまで船でも行けるようになったこと。 そうなるといいのにと確かブログにも書いたような… あ、あった、この記事でした。 私の要望を聞いてくれたということですかね(笑) チケットを手に入れるには早めに行った方がいいとのことで、開場40分前の9時20分に売り場へ。 列の5番目ぐらいに並べて、11:30のチケットをゲットです。 ええと、乗船場には10分前までに来いと。 ってことは、第1会場は1時間ちょっとで見て回らなければ。
オリンピック東京開催が決まったことを受けて、会場外展示は競技用のディンギー。 小学生なら、今から始めてもオリンピックに出れるのかも。
入り口近くにはフローティングテント。 サンシェードを取り付けることもできます。 こんなのを海に浮かべてのんびり、いいですね〜 誰か買ってくれないかな。
毎年ある模型の展示、今年も精巧な模型がいくつもあって見入りそうになりましたけど… そうだ、時間が無いんだ。 ここでのんびりしている訳にはいかずちょっと残念。
お、浦安マリーナのブースです。 朝なのでこの近辺にはお客さんはそれほどおらず。 ミス夢の島マリーナだったか、背の高い綺麗なお姉さんが立っていて、ちょっと気恥ずかしかったので立ち寄らず。
ヤマハのSR-X、釣りで使いやすそうな小型のボート。 価格も抑え目なので、相変わらず人気のようです。
トヨタのポーナム、何故かピンク色のハル。 女の子のウケはいいんでしょうけど、何千万円も出してこんな色を買う人っているんですかね。 んっ、あ、そうか。 女性をターゲットにしているカラーリングなのか。
最もインパクトがあったのはスズキのブース。 ワークポート風の格好いいのが置いてあって、これは中も見せてもらおう。
説明を聞くと、これはベネトウのボートなんだとか。 スズキとは昨年提携したとのこと。 道理で洗練されたデザイン、外国製はやっぱり雰囲気があるんですよね。
オリンピックのセーリングボート。 マネキンの姿勢を見ているだけでも、これはレジャーではなくスポーツだということがよくわかります。 自分なら1分くらいで落水するんじゃないかな。
これ、ジェットスキーをドッキングできるボートですって。 浅瀬にも行けるし、アイデアとしてはなかなか面白いと思います。
あと目立ったのは小型ボートの展示。 景気が良くなったせいかお客さんも多く、入門用として購入しやすい小型ボートが人気のようでした。 活気が戻ってきたのが嬉しいボートショー。 第1会場を後にして、シャトルボートで第2会場に向かいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿