Adsense

2014年3月28日金曜日

志摩の静かな海、朝日が架けたオレンジ色の橋

昨日は夕食と風呂について書いたプレミアリゾート夕雅、今日も続きます。
 
最近はプライベートで旅行に行くと、早起きして朝日を撮りに行くようにしているんです。
気が張っているせい…いや、歳のせいかな…、起きようと思う時間に起きれるもの。
身支度にも時間はかからないし、今回も日の出30分前に起床です。

ここ志摩の浜島には漁港があって、日の出は英虞湾方面から。
ホテルから車を走らせること10分ほどで漁港の先端、でもこの日は雲が多く、残念ながら日の出の瞬間は撮れませんでした。
それでも暫く粘っていると、海面に映る朝日の色がなんとも言えない綺麗な色に。
風がなく静寂そのもの、時々通る漁船の引き波の波紋が広がる蒼い海、そこにオレンジ色の朝日が橋をかけたような風景。
早起きは三文の徳ですね。
 
 
ホテルに戻って、部屋のバルコニーからも何枚か。
静かな様子がおわかり頂ければ、写真としてまずまず成功と言えるでしょう。
 
 
さて、次は朝食、このホテルはバイキングです。
 
バイキング、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。
このホテルは品数50ほど、全種類制覇なんていう気力が湧くには多過ぎて、比較的冷静にチョイスできました。
ホテル内のお土産屋のおばさんが美味しいと言っていたうるめ干しは外さずにと。うに椎茸も食べてみたいし、これは朝から和食にしようか…
 
そうも思ったんですけど、他を軽くサンドイッチとサラダにすれば、和洋混合でも食べ過ぎにはならないかなと。シェフが焼いていた目玉焼きも美味しそうでしたしね。
 
おばさん推薦のうるめ干し、「ここで食べてから他のは口に合わなくなって…」と言っていたのはまぁ商売上手の話術。
とはいえ、イワシの旨味が凝縮されていて確かにいい味でした。
うに椎茸は若干ピリ辛。
雲丹の風味もしっかり、ご飯に合わせたらたまらない味でしょうね。
 
いずれもお土産屋で販売しているもの。
これなら買っても損は無いなと思いつつ、でも昔ながらの販売手法にスッポリとはめられるのも悔しいなとやめておきました。
 
 
う〜ん、でもやっぱり買っておくべきだったかな…
変な意地を張らなければよかったのかも。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿