Adsense

2014年3月31日月曜日

鳥羽水族館のすぐ近く、刺身がデッカい豪華な海鮮丼

昨日の天気は大荒れでしたね。
おかげで予定していたボート掃除にも行けず。録り溜めたドラマをさばけました。
そろそろ新クールのドラマに備えなければですからね。
 
 
さて、今日の記事、昨日の横山展望台の次に行った鳥羽の「お食事処 錦屋」についてです。
 
志摩からは、パールロードで海辺を走って鳥羽へ。
途中に牡蠣など海産物のお店もちらほらありましたけど、それほどお腹が空いていた訳でもなく素通り。
でも鳥羽水族館に入る前に昼食をと、入ったのが水族館すぐ近くのこのお店でした。
 
別に何かに惹かれた訳ではなく、駐車場があるか、待たずに済みそうかなど消去法的に選んだ結果がここだったというのが正直なところ。
でも結果としては決して悪くない選択だった…と思いたいだけ、いやそんなことはないぞ。
地元の人が何人もランチにやって来ていたで、そこそこ評判はいいんでしょう。
 
 
 
最もお得なのは幕の内弁当680円、ボリュームもあって栄養バランスも良さそう。
普通の丼物も複数種類あり、この辺が地元の方には人気のようです。
でも鳥羽は海の町、バリバリの観光客としては、やっぱり海鮮丼を食べないとですよね。
 
 
 
1680円とちょっと高め。
でもここの海鮮丼、刺身が無茶苦茶デカいんです。
 
カンパチ、真鯛にマグロは普通の刺身の2倍以上。
弾力のある身なので、うっかり一口で頬張るとフゴフゴになります。
 
ボタン海老も大きいだけでなく新鮮そのもの。
ミソも溶けずに形が残っていたので、きっとこの場で捌いたばかりなんでしょう。
メカブもトロトロ、タコも味が濃かったこと。
 
この味なら、この値段でも損はなしです。
これが伊勢志摩方面での最後の食事、伊勢海老には巡り会えなかったものの、美味しい魚介を満喫できて大いに満足でした。
 
 
今日はここまで、明日は鳥羽水族館について書く予定です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿