Adsense

2018年1月16日火曜日

【グルメ】店が多くて食べやすい、たこ焼きの「道頓堀くくる」

昨日は沢山の誕生日祝いメッセージ、ありがとうございました。
改めて気を引き締めて、ブログ投稿に励んでいきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
 
 
さて、大阪紀行ひ再び戻ってと。
 
大阪に来て、食べておくべきものといえば何だろう。
うどん、串カツ、お好み焼き…そうだ、たこ焼きがあったな。
 
既に串カツをそこそこ食べて空腹ではないものの、披露宴まで少し時間があるので軽くつまむことにしよう。
お好み焼きはまた明日、ランチの機会がある。
 
ホテル近くで、大丸梅田店の地下にある「道頓堀くくる」で大たこ入りたこ焼き、12個入り860円。
1個70円ちょっとは、新大阪駅構内よりはかなり安いです。
 
トッピングは全部乗せに。
全部って一体何だかよくわからずですけど、たこ焼きは味が複雑なもの、まぁ失敗はないでしょう。
 
ホテルに持ち帰ってパッケージを開けてみると、ソースは基本だろうから、全部乗せの正体は鰹節にマヨネーズに刻みネギ、かな。
 
見た目は普通のたこ焼き…なんだけど、東京でよく見る「築地銀だこ」は揚げてありますよね。
対して「道頓堀くくる」はふんわり系、伝統的なたこ焼きにほっと安心感。
 
 
まぁ難しいことは考えず、さて、頂きま~す。
 
お、ふんわり、舌の上で潰すと熱い中身がトロッと。
正にたこ焼き、美味いなぁ。
 
甘めのソース、紅生姜入りというのも特徴ですね。
たこは看板に偽りなく大きいし、期待を裏切らない一品。
 
お腹は空いていなくても、パクパクと食が進むのは美味しいが故ですね。
さすがは大阪の味でした。
 
 
【今日のワンポイント】
・新大阪駅新幹線構内だと、同じ12個入りで1050円。200円近くも違うとは驚きです。