Adsense

2017年3月30日木曜日

【グルメ】漁港での刺身ランチ、豪快な盛り付けに大満足

飯縄寺で時を過ごすと、そろそろお昼時。
ランチにと決めていたのは大原漁港の「いさばや」、漁協の直営店です。
 
ところで、「いさばや」ってどういう意味なんだろう。
ネットで調べてみると、魚を売買する店、魚市場や海産物を扱う商人。とのこと。
正にそのまんまですね。
 
今回オーダーしたのは刺身定食2,000円。
安くはないものの、期待通り凄い量の刺身、小鉢にデザートまで付いています。
 
刺身は左から鰆、真鯛に平政、そして真ん中には鯵のなめろう。
刺身はどれも分厚く切ってあって美味しそう。
 
さて、頂きま~す。
 
うん、鰆はコリッコリ。
真鯛も脂ののりがちょうどいいです。
 
平政はさっぱりしていて、なめろうは味噌の塩っぱさがいい具合。
漁港で食べる刺身って、本当に美味しいですね。
 
小鉢はイナダか何かのマリネ、洒落た味ではないものの、ごく普通に美味でした。
デザートは餡子の乗った寒天でしたけど…まぁあんなものかな。
 
お店は漁港のど真ん中にあって、周囲には駐車スペース多数。
車で行くのがベストでしょう。
 
美味しい魚を食べることができるお店として記憶しておきます。