Adsense

2017年10月23日月曜日

【グルメ】力士の店にて、ランチにちゃんこ鍋

久々に書く神田ランチ、今日は「時津洋」について。
 
店の名前を見れば、元力士の店ということは誰でも想像できるでしょうけど、時津洋はご存知かどうか。
私も名前は記憶しているものの、顔は思い浮かばなかったんですよね。
 
時津洋が力士だったのは1985年から1999年。
前頭以上は1992年から1995年と比較的短かったものの、名前が記憶にあるのは何故なんだろうか。
 
力士とくればちゃんこ鍋。
ランチでちゃんこは想像しにくいものの、お手頃サイズの鍋に入った定食があるんです。
 
しかも冷奴に小鉢にお新香つきで950円。
鍋は熱いうちが美味しいので、よし、早速頂きま~す。
 
 
ちゃんことは言っても、ほとんどが野菜で鶏肉とつくねが入ったヘルシーな鍋。
スープには野菜の出汁がよく出てます。
 
しっとり煮込んであって、野菜それぞれの味が一体に調和している印象。
鶏肉やつくねが個性あるワンポイントです。
 
薄味なので、ご飯と一緒だと途中から少し味が足りない気になります。
そんな時は七味を一振り、これでリフレッシュされて、再びご飯が進むようになるんです。
 
食べた直後はお腹がいっぱい、でも野菜中心なのでもたれることはないでしょう。
ランチで手軽にちゃんこ鍋、いいもんですね。
 
 
お店の間口は狭いんですけど、奥行きがあってしかも奥は2層構造。
上層には14席あるので、小規模宴会には十分な広さでした。
 
こんなお店もあるなんて、神田は奥が深いですねぇ。
 
 
時津洋
03-6273-7371
東京都千代田区神田錦町1-21 とどろき神田ビル 1F
営業時間 11:30~14:00、17:30~23:00
定休日 日曜日・祝日